このページは古い内容の旧コンテンツです。
最新のネット広告収入については、右のメニューのアフィリエイトで稼ぐから!

どんなサイトを作ろう

ネット広告がどの様なものかは分かりましたね。分かったら早速やってみましょう。

まず何のホームページを作るかですが、何でもいいのです。ただし、お客さんをたくさん集めるには、それなりに役立つ情報のサイトでなくてはいけませんから、自分が詳しい分野のサイトにしましょう。

何のサイトを作っていいか分からない人は、試しにお小遣い系サイトを作ってみてはいかがですか。お小遣い系のホームページでしたら皆さんよくご存知でしょう。

鬱のネットdeお小遣い稼ぎの様な、お小遣いプログラムを紹介するサイトです。

お小遣いサイトは、何より広告が張りやすいですからね。普通のホームページに広告をベタベタ貼ると印象が悪いですが、お小遣い系サイトなら貼りまくりです。








まずはサイトのコードの作成


ということで、早速サイトを作りましょう。サイト作りの第一歩は、サイトのコード作りです。

サイトの実体は、今私たちの見ている形をしているわけではありません。

その実体はHTMLというコードです。今あなたが見ているこのページのコードはこんなかんじです。人間が見てもさっぱり分からない、このコードで記録されているサイトの内容を、ブラウザソフトが人間が見える形にして映すのです。ちなみにブラウザと言うのは、インターネットエクスプローラーなどのことね。

そこで、サイトを作る際には、このHTMLを作成するのですが、はっきり言って難しそうですね。でも、安心してください。コードと言っても、プログラミングのように自分でコードを打ち込む必要はないのです。専用のホームページ作成ソフトを使えば、誰でも簡単にHTMLを作成できるのです。もちろん、自分で打ち込んでもできますが。

おすすめのサイト作成ソフトは、ホームページ・ビルダーです。私もこれを使っています。

詳しい作り方は、別ページをご覧下さい。








サイトを公開しよう


はい、ホームページできました。わずか数行しか経っていないのにできました。できたんです。何?できてない?では早く作っちゃってください。とりあえずはトップページだけでもいいんで。いきなり全てを作ろうとしないでください。コンテンツは徐々に増やしていけばいいんです。まずはトップページと一部だけを作って、とりあえず公開しちゃいましょう。

公開してもすぐに誰かがアクセスしてくるということはありえません。
というか、必死に宣伝してもなかなか来ないのに、何もしないで来るわけがありません。
ですから、完全に完成していなくても公開して大丈夫です。徐々に完成させましょう。

それでは公開です。今貴方のサイト(HTML)は貴方のパソコンのハードディスクの中です。これでは貴方しか見ることが出来ません。そこで、サーバーにアップロードして公開します。サーバーと言うのは、HTMLを記録しておくコンピュータで、サイトを見る人はここからHTMLを自分のパソコンに落としてくるわけです。

自宅でサーバーを運用することもできますが、コストや手間を考えたら、レンタルする方がいいでしょう。レンタルサーバーには、無料と有料があります。無料は広告が自動的に入ったり、サポートが悪かったり、接続が安定しないなどのデメリットがあります。

有料と言っても、月に200、300円程度ですので、それほどコストはかかりません。

広告収入で簡単に補える額です。

鬱の経験上から言って、悪いことは言わないので有料にしましょう。後で無料から有料に引っ越すのは膨大な労力が必要になります。鬱は初めて3ヶ月で無料が嫌になり、有料に引っ越しました。まあ、サイトが儲からなかったら、赤字になるかもしれませんが、普通に考えて月に数百円しか儲からない事は、あまり考えられませんので。

大抵のプロバイダーではホームページスペース(サーバー)がついていますが、使い勝手が悪い場合があったり、商用(広告貼り付け)が禁止だったり、なぜかあまり使っている人を見ません。あくまでおまけなので性能はあまり良くないのですかね?

各サーバーへのアップロードの仕方は、各サーバーの指示を参照してください。








広告代理店と契約しよう


さて無事に公開できたらいよいよ収入源の広告を貼りましょう。広告は広告代理店(アフィリエイト)と契約を結び、代理店を通して広告主とつながるものです。

アフィリエイトとは提携を意味します。

広告の配信や報酬の受け取りは、代理店を通して行われるため何かと楽です。

各アフィリエイトは「ネット広告の種類」のページで紹介していますので、そちらを参考にしてください。アフィリエイトサイトによっては審査に時間がかかるところもあるので、早めに申し込んでおきましょう。
ただし、あまりにも未完成だと審査をとおりませんので、しっかり作っておきましょう。

コツとしては、工事中は作らないことです。時々、トップページにコンテンツだけ書いて工事中にしているサイトがありますが、工事中にするくらいなら書かないほうがましです。

ちなみに申し込んだ後も、猛スピードでコンテンツを充実させましょう。審査の日に出来るだけ充実しているように。まあ、大抵は通りますがね。

審査に通ったら、広告を貼ります。貼り方は簡単で、アフィリエイトのサイトで出された広告用HTMLを、右クリックでコピーして、自分のサイトのHTMLの広告を表示したい所に、右クリックで貼り付けるだけです。ホームページビルダーの場合、通常のページ編集の画面で貼りたいところをクリックし、HTMLソース画面に切り替えると、先ほどクリックした所がそのまま反映されていますので、そこに右クリックで貼り付けるだけです。

広告を貼り付けたら、後は売上があるまで待ちましょう。売上などは、アフィリエイトの管理画面で確認できます。








アクセスアップをするべし


さてサイトが完成だ。でもサイトは閑静だ。ぜんぜんにぎわってないぞ。なぜだ?

っていきなり人がくる分けないでしょ!!サイトが完成しても誰も来ません。見事に一人も来ません。当たり前です。URLは無限とあるのです。その中の貴方のURLを偶然入力して来てくれる人などいません。大体、直接URLを入力してネットをする人自体ほとんどいません。皆さんはネットサーフィンをするときどうしますか?ほとんどの人が検索エンジンを使うのではないでしょうか。そうです、検索エンジンに登録すればいいのです。そうすればそこから来てくれる人がいるでしょう。
と言っても単純に登録しただけではやはり誰も来てはくれません。

無限にあるサイトの中から、貴方のサイトにアクセスさせるのは実に大変なことなのです。

ということで、アクセスアップさせなければなりません。どの様にすればアクセスアップできるかは、アクセスアップ入門をご覧下さい。

この記事が役に立ったら、ぜひ「いいね」や「ツイート」で共有してくださいね!