アフィリエイト広告の掲載場所を用意する

既に解説したとおり、アフィリエイト広告を掲載するには掲載する場所が必要です。

テレビでいえばCMを流すための番組、雑誌では広告を掲載するための紙面(記事)ですね。

アフィリエイト広告を掲載する場所は、ホームページやブログです。

まずは、アフィリエイト広告を掲載するための媒体(ホームページやブログ)を作りましょう。

えーーーー!!そんなの作れないよーーーという声が聞こえてきそうですが大丈夫です。

簡単に作れます。

このサイトができた2003年頃までは、ホームページを作るためには、ホームページビルダーなどのサイト作成ソフトを買って、1からホームページを作る勉強をする必要がありましたが、今はそんな必要は一切ありません。

2004年ごろから無料ブログサービスというものが普及しだし、ブログ(日記風簡易サイト)が、ソフト無しでWEB上で簡単に作れるようになったのです。

今では無料CMSサービスという、本格的なホームページをソフト無しでWEB上で簡単に作れるようなサービスもあります。

こうした無料ツールを活用すれば、サイト作成ソフトを購入する必要も無く、
レンタルサーバー(サイトを公開する為のネット上の土地)を借りる必要も無く、
アフィリエイト掲載のためのネット媒体(ホームページ、ブログ)を持てるのです。

もちろん、アフィリエイトを極めるためには、サイト作成ソフトや手打ちなどでHTMLを書き、自力でホームページを作る必要も出てきますが、当面は無料ツールで十分です。

無料ツールだけを使用して月に数百万を稼いでる人も実際にいます。

無駄にお金を払う必要は無いのです。

ここでは、無料のCMSを使ってホームページを作り、
アフィリエイト広告を掲載することを目指します。

ブログでもいいのですが、
ブログはタイムリーな記事をタイムリーに掲載していくことに向いた媒体です。

ある程度普遍的な知識を、長い期間掲載するのはホームページが向いています。

書籍と新聞の違いのようなものです。

ブログはタイムリーな記事を、定期的に追加し続けなくては勢いを保てませんが、
ホームページは一度コンテンツを作り終えれば、稀に更新する程度です。


アフィリエイトで稼ぐにはどのようなサイトを作ればいいのだろう

アフィリエイトで稼ぐにはサイトを作ればいいことは分かった、ではどのようなサイトを作ればよいのだろうか。

このあたりはアフィリエイトで稼ぐためのノウハウの核心部分です。

ここでは簡単に解説できるようなボリュームの内容ではありませんので、
後の章で数ページを使ってじっくりと解説します。

その最も重要なノウハウを簡単に言うと、
「ホームページに広告を掲載するのではない!
広告のためにホームページを作れ!」

ということなのです。

サイトを作ってアフィリエイトで掲載するのでは稼ぐことはできないということです。

稼ぐためには、アフィリエイト広告に合わせてサイト自体を作る必要があります。


サイトを作ってから、それに合った広告を見つけるのではありません。

この広告で稼ぎたいという広告を見つけてから、
それに合わせてサイトを作っていく必要があるのです。


したがって、サイトを作成する前にASPに登録して、これだという広告を見つける必要があります。

しかし、ASPの登録には審査があり、サイトを作ってから出ないと登録できません。

そこで、まずは練習を兼ねて、あまり稼ぎを意識しないで、一つサイトを作ってみましょう。

そのサイトでASPに登録して、そこで広告を選んで、
その広告に合わせた内容で本格的な2サイト目を作るという流れです。

1サイト目は稼ぎを意識しすぎず、自由に作ってみましょう。

ノウハウの無い状態で、自分なりに考えて試行錯誤して、なんとか稼げそうなサイトを作ってみましょう。

この記事が役に立ったら、ぜひ「いいね」や「ツイート」で共有してくださいね!