独自ASPとは

かつてはリンクスタッフなどとも呼ばれていたタイプのASPです。

基本的に、成果報酬型ASPと同じで、
広告をクリックした人が何かを購入したり、資料を請求したり、
成果が発生した場合に報酬が支払われるタイプの広告です。

広告代理店であるASPではなく、
広告主が自前でアフィリエイトシステムを備えています。

つまり、楽天やamazonといった大規模な企業は、
自社だけで独自のASPを運営しているのです。

成果報酬型ASPとの違いは、
成果報酬型ASPには多数の企業の広告がありますが、
独自ASPはその企業の広告しかありません。

広告がその企業のものしかないため、
なかなか最低支払額に到達しないのが弱点です。

楽天やアマゾンは、成果報酬型ASPにも広告を出しているので、
儲けが少ないうちはそちらの方がよいでしょう。。



おすすめ独自ASPランキング




楽天アフィリエイト
楽天の全ての商品の広告が掲載できる、物販系アフィリエイトサイトには欠かせないアフィリエイトです。ただし、現金に換金できるのは月10万円以上報酬を得ている人のみで、それ以下は楽天ポイントや楽天キャッシュでの受け取りになります。楽天でよく買い物をする人には問題ないのですが、現金で受け取れないのは厳しいですね。A8.netなどにも楽天アフィリエイトはありますので、そちらを利用したほうがよいでしょう。ただ、10万円以上をコンスタントに売り上げられるなら、売れた店舗も分かる楽天の独自アフィリエイトの方がよいでしょう。
総合評価 ★★★★
広告数 自社のみ
最低支払い金額 100000円(現金での支払いの場合)



amazonアソシエイト
世界で始めてのアフィリエイトは、アマゾンアソシエイトであるといわれています。アフィリエイトの力が今日の世界最強のショッピングサイトを作り上げる大きな原動力となったのです。報酬はアマゾンギフト券での受け取りになっており、1万円以上貯まってからの支払を選択すれば、現金で受け取れます。バリューコマースなどの成果報酬型ASPにもアマゾンのアフィリエイト広告はありますので、小規模の内はそちらを利用したほうがよいでしょう。ある程度売れるようになったら、売れた商品も分かるアマゾンの独自アフィリエイトでもいいと思います。
総合評価 ★★★★
広告数 自社のみ
最低支払い金額 10000円(現金での支払いの場合)



この記事が役に立ったら、ぜひ「いいね」や「ツイート」で共有してくださいね!