第二種電気工事士TOP

こちらのページは不動産投資におけるセルフリフォームにも必須の第二種電気工事士の資格所得について解説したコンテンツです。


新築建物に電気設備を敷設したり、リフォームの際に交換したりする場合には、電気工事士の資格が必要になります。一般用電気工作物を工事できる第二種電気工事士の資格を取得すれば多くのリフォームに伴う電気工事を施工することが出来ます。


セルフリフォームを行うために取得するのではなく、生涯の仕事として電気工事に携わりたい人は、第一集電気工事士、電験と更に上位の資格が必要になるかと思いますが、セルフリフォームであれば第二種電気工事士で十分です。


資格試験は非常に簡単で、まじめに取り組みさえすれば誰でも短期間で取得することが出来ます。ただし、費用は資格試験としては少々かかりまして、5万円~8万円程度を考えておく必要があります。これは資格試験代とテキストや教材や工具類の値段がかかるためです。


詳しい取得方法はこちらのサイトで解説していますので、一通りご覧ください。

この記事が役に立ったら、ぜひ「いいね」や「ツイート」で共有してくださいね!