不動産投資のセルフリフォームの為に第二種電気工事士の資格を取得しよう

2005年位からのサラリーマン大家ブームなどに乗って、不動産投資への参入者が爆発的に増えた昨今、不動産投資も相当な創意工夫が無ければ勝ち残れない時代になりました。

不動産投資で勝ち抜くためには、安く仕入れるか、高く貸すか、運用コストを下げる必要があります。最大のポイントは安く仕入れるということで、安く物件を購入することができれば後は適当でも儲かってしまいますが、資金もコネもない素人が安く物件を入手するのは至難の業です。

そうなると高く貸すか、運用コストを下げる必要があります。地域の相場よりも高く貸すためには、物件を綺麗にリフォームする必要があります。フルリノベーションを行いピカピカの新品のような賃貸物件になれば、同じ地域同じ広さの物件よりも大幅に高い賃料で賃貸が付く可能性が有ります。

また、物件は貸していると汚れてきて、ある程度の期間の入居後ですと壁紙の張替えなどのリフォームが必要になります。リフォームせずに新たな店子を募集することも出来ますが、なかなか新規入居者が見つからない可能性が有ります。

部屋が汚いと競争力を失い空室続きということになりかねません。そこで不動産屋もこぞって大家にリフォームを勧めてくるわけですが、これがまた高い!悪徳不動産業者ですと大幅ボッタクリリフォームを勧めてきて、気づかない内に家賃収入の大部分を不動産業者とリフォーム業者に持って行かれているということになりかねません。私の知り合いがかつて不動産業者で営業マンをしていた時は、リフォームを断る大家の物件には客付けを積極的に行わないと言っていました。

リフォームはなかなか価格が見えずらいものですので、全て不動産業者やリフォーム会社に任せていては、とんでもないコストが掛かってしまいます。少しでもコストを落とすためにセルフリフォームを行っている大家さんも多いことでしょう。

壁紙の張替えやクッションフロアの張替えなど特に資格が必要ないリフォーム箇所もありますが、電気やガスや水道などは工事に資格が必要なことがほとんどです。無資格で工事を行うことは明らかな違法行為になります。

上水道などは地域の水道事業者指定の業者でないと工事できません。都市ガスも地域のガス会社指定の業者でないと工事ができませんが、簡易的な工事は簡単な資格を取得してガス会社の許可を得れば出来ます。プロパンガスは資格が必要ですが今はコネのない素人が資格を取得する道は実質的に絶たれていて、ガス工事会社等に就職して下積みを行わないと取得できません。

そんな中、唯一完全な素人でも取得できるのが電気工事に必要な第二種電気工事士なのです。第二種電気工事士を取得すれば、普通の賃貸物件の室内工事でしたらまず問題なく工事できます。

電気工事といっても、なにもケーブルを新設するような大規模な工事ばかりではありません。壁紙を張り替えて綺麗になった壁も、黄ばんだコンセントボックスが付いていたら台無しです。わずか数百円で新しいコンセントボックスに交換することが出来ますが、この交換にも当然資格が必要なのです。無資格で違法に交換している人もいるようですが。

非常に簡単な資格試験ですので、胸を張ってどうどうと施工できるように、第二種電気工事士の資格取得を目指しましょう。

この記事が役に立ったら、ぜひ「いいね」や「ツイート」で共有してくださいね!