電工ドライバーとは

電工ドライバーは、第二種電気工事士の実技試験に必須の電工工具です。

プラスドライバーは、ランプレセプタクルや端子台に結線する際に使用します。

一方のマイナスドライバーは、埋め込みスイッチ類やコンセントや丸型シーリングなどから電線を引き抜く際に使用します。練習ではバラす際に多用しますが、試験本番では結線を間違えてやり直すのでなければ使うシーンは無いかもしれません。

おすすめ電工ドライバー

電工ドライバーは、各社から実に多様なものが発売されています。自分に合った形状サイズのものを購入するのが一番ですが、一般的には以下のサイズのものが使いやすいとさせています。

私もこの2本でバッチリ本番で使えました。

ベッセル(VESSEL) ボールグリップドライバー プラス2×100 No.220

私が使ったプラスドライバーです。定番のボールグリップドライバーです。握りやすく使い勝手抜群です。

ベッセル(VESSEL) ボールグリップドライバー マイナス5.5×100 No.220

私が使ったマイナスドライバーです。プラスよりも少し小さめのものを購入しました。電線を引き抜く際にねじ込んで使うマイナスドライバーは、プラスよりも小さいほうが使いやすいとされています。

この記事が役に立ったら、ぜひ「いいね」や「ツイート」で共有してくださいね!