ウォーターポンププライヤーとは

ウォーターポンププライヤーは、その名の通り水道工事などの管工事に使用する工具です。第二種電気工事士の実技試験では滅多に出番がありませんが、アウトレットボックスと金属管などが出てくる課題が当たった年には使用することになりますので、必須の工具です。

主にアウトレットボックスと金属管を接続するためにロックナットを締める際に使用します。まあ実技試験ではロックナットと金属管を素手で掴んで思いっきり締めるだけでも完成してしまいますが、本当はきちんとプライヤの力でギュッと締め付けないといけません。

高い工具ではありませんので購入して必ず会場に持っていくのが無難です。

おすすめウォーターポンププライヤー

ウォーターポンププライヤーとして販売されているものでしたらどのようなものでも大丈夫だと思います。高いピッチリの精度のものでなく、安いグラグラのものでも機能すればよいのです。私は家にあった古いグラグラのウォータポンププライヤーを練習では使いました。まあ、本番ではロックナットを締める課題が出ませんでしたので未使用ですが。

ホーザン ウォーターポンププライヤー P-244

ホーザンのウォーターポンププライヤーです。安心のブランドHOZANなのでこれで十分でしょう。ヘッドを従来品よりも薄く作ってあるようですね。アウトレットボックス内は狭くヘッドが薄いに越したことはありませんからね。私は家にあった大きなウォーターポンププライヤーを使って練習しましたが、非常にロックナットが締めにくかったです。

この記事が役に立ったら、ぜひ「いいね」や「ツイート」で共有してくださいね!