第二種電気工事士の資格とは

新築建物に電気設備を敷設したり、リフォームの際に交換したりする場合には、電気工事士の資格が必要になります。

低圧とはいえ、場合によっては人を死に至らしめたり、漏電などにより火災を引き起こす恐れもあるため、電気設備の工事をする際は電気工事士の資格が必要になるわけです。

一般用電気工作物を工事できる第二種電気工事士と、これに加えて自家用電気工作物のうち500キロワット未満の需要設備の工事ができる第一種電気工事士があります。

住居用建物のリフォームを行う分には第二種電気工事士の資格があれば十分です。受験資格がないのも嬉しいところで、誰でも受験することが出来ます。

セルフリフォームなどで、無資格でコンセントボックスなどを交換したりする人もいるようですが、厳密には無資格では工事をしてはいけないのです。

スイッチ類やコンセントをパナソニックのコスモシリーズに変えると、見栄えが大変良くなるため、壁紙の張替えとセットで交換を行っている方も多いと思いますが、厳密には資格が必要なわけです。

この記事が役に立ったら、ぜひ「いいね」や「ツイート」で共有してくださいね!