インフルエンサーやブロガーがFXや仮想通貨など投資を勧める訳【資産運用】

ブロガー界隈、とりわけ起業・副業や金儲け系などの内容の場合、そのコンテンツとして株式投資やFXや仮想通貨といった投資系の記事を含んでいることが多々あります。

金稼ぎ系やライフスタイル系の雑記ブログとの相性がよく、また同時に検索需要も多いジャンルであるので、皆が積極的に記事にするのは分かるのですが、読み手側は若干の注意が必要になります。

というのも、かなりポジショントークを含んだ内容になっていたりするのです。

結局の所は、最終的に投資案件のアフィリエイト広告に誘導するのが目的になりますので、その点を念頭に入れて記事を参考にするようにしましょう。

カリスマ性のある有名ブロガーやインフルエンサーの言うことを真に受けて、よく知りもしない人が投資に手を出して、大損をするような事態は絶対に避けなくてはいけません。

投資系のアフィリエイトは凄まじく儲かるのだ

そもそもなぜアフィリエイターやブロガーが投資系の広告を扱いたいのかと言うと、そのリターンがすさまじからです。

アフィリエイトで稼ぐコツは、とにかく広告単価が高い案件を手掛けることになります。

クリック報酬のアドセンスだけで稼ごうと思うと莫大なアクセス数が必要になります。

かなり一般的な例として、10万PV×クリック単価30円×クリック率1パーセント=3万円と考えると、アドセンスで稼ぐ大変さが分かります。

月に10万PV、つまり1日3333PVのそこそこ育ったブログを持ってしても、アドセンスでは月3万円ポッチしか稼げないのです。これで食っていくには最低でも月100万PVは必要でしょう。

月100万PVでかなり名の知られているカリスマインフルエンサーレベルですからね。一般人には到底無理です。

では稼いでいると嘯くブロガーがどうやって稼いでいるのかというと、成果報酬型広告つまりはアフィリエイト広告ということになります。

このアフィリエイト広告にも実に様々な単価があり、成果が出ても50円の報酬単価というような、クリック広告の1クリックと変わらないようなクソ案件も多いのです。

その一方で1件成果を取ると1万円というような非常に高額の案件も数多くあります。正直なところ単価で1000円を超える案件を狙わないと、碌に稼げないのです。

これは稼いでいるアフィリエイターは皆口を揃えて言いますが、高い広告案件を狙わないと、いくらPVを集められても稼ぐことは出来ません。

どういった広告が単価が高いのかと言うと、その広告の先の販売商品の商品単価が高いものです。

当たり前ですが、商品単価が1000円2000円の雑貨を販売するネットショップが広告を出すとすると、200円くらいの報酬単価でもお店としては相当厳しいのです。

逆に美容案件はどうでしょうか。数十万、場合によっては数百万の客単価を取れる美容クリニックが広告を出すと考えると、1件面談のアポを取ったら1万円くらい支払っても全然ペイするでしょう。

つまり売り込む商材やサービスの額によって広告費も決まってくるのです。投資案件はどうかと言うと、もちろん非常に高額な案件になります。

競争が激しく手数料収入で客単価があまり取れない株式の現物取引を取り扱うネット証券会社の単価はそれほどでもありませんが、莫大な手数料を取れるFX系の証券会社や、仮想通貨販売所のコインチェックなどの単価は凄まじものです。

2017年に有名インフルエンサーのイケハヤは1億円を超えるアフィリエイト報酬を稼いだとされていますが、その殆どがコインチェックのアフィリエイトです。2017年後半の仮想通貨ブームに乗り、莫大な収益を上げました。

当時コインチェックのアフィリエイトは、口座を作って一定以上取引をすると2万円が得られるという高額案件でした。つまりは100人を煽って口座を作らせて仮想通貨に引き込めば、200万円を得ることが出来たのです。

イケハヤは5000人くらいをコインチェックに引き込んだのでしょうね。それで1億円を儲けたわけです。最近また仮想通貨を流行らそうと、ブログのタイトルを替え、Youtubeはサブチャンネルで仮想通貨を扱い出しましたね。

仮想通貨は完全に見向きもされなくなりましたが、FXは変わらず一定の需要があり、こちらも口座開設で1万2万という案件がゴロゴロですので非常に儲かります。

最近、カリスマインフルエンサーがFX始めてみましたみたいなコンテンツを作り出すのにはそういった理由があるのです。つまりは、FXが素晴らしいものだから紹介するのではなく、紹介する自分が儲かるから紹介するのです。

皆揃って、資産運用は重要だから自分も始めてみます、年金不安に備えるには投資が必須です、みたいにそれらしい理由をつけますが、何のことはない自分がガッツリ儲けたいだけなのです。

いや資産運用や投資は実際に重要で皆やらなければいけないですよ

では、資産運用形のブログを信用してはいけないのかというと、それまたそう極端なことではなく、資産運用は非常に非常に重要です。

国民皆が圧倒的な預貯金思考だった今までが異常だっただけで、これからの時代は投資に目を向けないととてもやっていけません。

これからの時代というより、もうとっくにそういう時代です。なんかアフィリエイトを始めた15年以上前にも似たようなこと書いた気がするな・・・

円建ての現金で全資産を保有するのではなく、株式、債権、投資信託、不動産、メタルなどの現物資産などなど、様々な資産でポートフォリオを組んで資産管理するのが常識です。

円は非常に強い通貨ですので、円建ての預貯金で保有しても大きなリスクはありませんでしたが、未来は分かりません。私は全額円建ての預貯金は危険だと考えているので、現金はあまり持っていません。

円が通貨としては安全資産で、かつ30年のデフレで現金保有していたほうが資産が増えるので、預貯金思考だったのでしょうけど、結局ほぼゼロ金利でお金がお金を生む資本主義の醍醐味が味わえません。

資産運用をしないなんて本当に馬鹿らしいですよ。私は現在30代後半ですが、すでに働かなくても食っていける状態になっています。金融商品からの配当もありますが、主に不動産投資からの家賃収入で結構な額があります。

その辺のサラリーマンの年収よりも遥かに多くの家賃収入がありますので、寝ていてもお金が入ってきます。ネットの知り合いで20代の内にこの状態になった人も普通にいますからね。

都心など超一等地を除いた不動産は利回り10%を超えますが、金融商品ですと安定して10%以上の利回りを続けることは難しいので、精々5パーセントくらいの利回りを安定して出すことを目指すくらいが良いでしょう。

もちろんアグレッシブに売り買いしてキャピタルゲインを狙っていったり、レバレッジを掛けて積極的にリスクテイクする投資家もいますが、安定した資産運用を考えるとおすすめできません。

株や債券などの現物取引で安定して運用していくほうが、すべての人におすすめできる投資法です。安定した高配当株などでも3パーセントを超えるような高利回りのものもありますからね。

1000万円を銀行に眠らせておいてもほとんど金利は付きませんが、高配当株にしておけば3%でも年間30万円が入ってくるのです。株式投資はキャピタル狙いが基本ですが、長く持っていると意外と馬鹿にならない配当が入ってきたりします。

トマ・ピケティの r>g の不等式が少し前に話題になりましたが、労働収入だけに頼っていては、投資で収入を得ている人に永遠に勝つことは出来ません。

アベノミクスは金持ちにしか恩恵がないなどと見当違いの批判をする輩がいますが、賃金労働者のサラリーマンでも株式投資は少額から行えるのです。投資が金持ちだけのものと思ったら大間違いです。

正しい知識を身に着け、正しいやり方で投資を行うことが、全ての人に求められる時代になっています。資産運用は絶対に必要です。

だからといって、インフルエンサーに騙されてFXとか仮想通貨とかに手を出しちゃダメよ。少額で遊ぶくらいは私もやっていますが、大金を運用するようなことはありえない。

投資は自分で勉強して自分の頭で判断することが重要

結局の所、投資は手を出す必要があるものであることは間違いないものの、それはカリスマの言葉に引っ張られて主体性がないまま始めるものではないということです。

自分が好きな参考にしているブロガーやインフルエンサーが、FXが良いと薦めていたとしても、仮想通貨が良いと薦めていたとしても、主体性無くその言葉通りに始めてはいけません。

もちろん、FXでも仮想通貨でも、自分の頭で考えてこれなら行けると判断したのでしたら、手を出しても良いのですよ。

ダメなのは、カリスマにマインドシェアを奪われて、自分の頭で考えることを止め、言われるがままに手を出すことなのです。

投資や資産運用に関するブログなどは数多く、確かに参考になる面もありますので参考にするのは大いに良いでしょう。でも最終的に考えて判断するのは自分の頭です。

投資は自己責任ですから、あなたに薦めた人はなんら責任をとってくれません。責任を取るのは自分なのですから、選択も自分が行わなくてはいけません。

最終的に何が言いたいのかと言うと、ネットで投資や資産運用を勧める人は、自分がアフィリエイトで稼ぐことを目的としたポジショントークが基本となりますので、その言葉を鵜呑みにしてはダメだよということです。

有益なものも数多いので情報を参考にするのは大いに結構ですが、最終的に自分の頭で咀嚼して理解して判断できないのであれば、手を出すものではありません。

投資やるなら死ぬほど勉強しろということです。

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

関連ページ by google

投資と資産運用カテゴリの人気記事

まだデータがありません。

コメントを残す