決定版!東京都内で食べられる激ウマの焼肉屋さんランキングを独断と偏見で作ってみた

鶯谷園 カルビ

ジュウジュウと滴る肉汁!肉が焦げる香ばしい香り!いいですねえ焼肉♥
本日の記事は、独断と偏見・俺的おすすめの焼肉ランキング東京編です!

ワタクシ、埼玉在住の田舎者ですが、メシウマブログなるグルメブログも書いているので、ちょくちょく東京都内に食べ歩きにでかけたりしているのです。

埼玉に比べると、やっぱり東京の飲食店のレベルって格段に高くて、到底埼玉では食べられないような美味いのものがいっぱいなのです。

その最たるものが焼肉でして、田舎にはなかなか美味しい焼肉屋さんというものがないんです。それに引き換え東京の焼肉屋さんはレベルが高く、驚くほど安く驚くほどおいしいお肉が食べられるお店がゴロゴロあるのです。

そこで今回は、私が知っている範囲で、東京都内の絶対おすすめな焼肉屋さんを紹介したいと思います。

都内にあるコスパ最強の焼肉屋さんで食べたら、もう焼肉チェーン店なんかでは食べれない体になってしまいますよ。なにしろ牛角とさほど変わらないような値段で、次元の違うお肉が味わえるのですから。

コスパ最強のNo.1 「鶯谷園」

栄えある総合ナンバーワンに輝いたのは、山手線の鶯谷駅近くにある鶯谷園です。とにかくコスパに優れたお店で、一皿1000円以下で、一皿3000円するような超高級焼肉店に匹敵するようなお肉が味わえます。

庶民でも手が出る値段で、高級焼肉店顔負けのお肉が味わえるのが、おすすめのポイントです。高くて美味い店なら東京にはいくらでもありますが、安くてうまい店はそう多くありません。

予約必須のお店で、夜遅い時間帯でないと予約なしでは入店できないと思ったほうがいいですね。

鶯谷園

一皿1000円を超すお肉もあり、そちらはそちらで素晴らしいのですが、私が絶対おすすめするのは一皿900円のカルビです。ノーマルのカルビで十分すぎるほど美味い!

鶯谷園

900円でこの肉が味わえるのかと感動するレベルですよ。これ何皿かとライスで十分に幸せになれます。本当に蕩けるように柔らかく、普通のお店ならこれ上カルビ、または特上カルビという名前だろうなあと感じると思いますよ。

これ以外のお肉を頼んでも外れはありませんが、このカルビのコスパがずば抜けています。リーズナブルに超美味しい焼肉を味わいたいなら鶯谷園で決まり!

他のお肉のレビューはグルメブログの方に掲載しています。

コスパ最強のNo.2 「マルタケ」

東京都千代田区の新御茶ノ水駅近くにある焼肉ランド マルタケです。

カルビ、ロース、ハラミという基本のお肉が1皿1000円以下で、超コストパフォーマンスに優れるお店です。より高いお肉もありますが、この3種類のクオリティが高く、高いお肉が必要ないほどです。

安くウマイ焼肉を食べようと思ったら、鶯谷園のカルビをひたすら食べるのが最高ですが、このマルタケのお肉3種類はそれに匹敵するクオリティとコストパフォーマンスなのです。

焼肉ランド マルタケ

特におすすめなのがカルビで、蕩けるような柔らかさです。
ヘタな焼肉屋ならこれ一皿3000円してもおかしくないです。

焼肉ランド マルタケ

これだけハイクオリティなお肉がこれだけ盛られて900円ですよ。
ヘタしたらコスパで鶯谷園超えているかもしれないですね。

他のお肉のレビューはグルメブログの方に掲載しています。

コスパ最強のNo.3 「大幸園」

次は都心からは離れていますが、東京は八王子の大幸園です。

孤独のグルメにも取り上げられた人気の焼肉店で、お高いお肉もありますが、なんといってもノーマルのカルビがコスパ抜群です。

大幸園

色々美味しいお肉はあるものの、普通のカルビが一番です。
1000円以下でハイレベルなカルビが楽しめるのは素晴らしいコスパです。

大幸園

写真は2人前ですので1960円ですが、これだけハイクオリティのカルビがこの量このお値段で食べられるのは素晴らしいです。お高いお肉が必要ないくらいに満足できますよ。

他のお肉のレビューはグルメブログの方に掲載しています。

際立った1枚を食べるNo.1 「焼肉ジャンボ 本郷店」

都内の有名店の焼肉ジャンボ 本郷店です。こちらも有名なお店で都内に何店舗かあります。

焼肉ジャンボ 本郷店

一皿1000円程度のカルビ、ハラミ、ロースもありますが、正直あまりおすすめできません。この値段帯のお肉なら上で紹介しているコスパ重視の店のほうが遥かに上です。

焼肉ジャンボ 本郷店

写真はサブトンですが4枚で3000円ほどします。レギュラーメニューに加えてお高い本日の特選部位があり、こういったお高いお肉がハイクオリティなものになっています。安いお肉は本当に大したことありません。

安く美味しいお肉が食べたいなら、せめて上カルビと上ロースにしましょう。ノーマルのカルビやロースは全く褒められたレベルではありません。ここはある程度高いお金を出してアラカルトで食べるお店です。

他のお肉のレビューはグルメブログの方に掲載しています。

際立った1枚を食べるNo.2 「皐月」

都内の有名店と比べるとあまり知名度はありませんが、白山の皐月もハイクオリティなお肉が揃っています。

皐月

変にケチって安い肉を頼むと普通ですが、お高いお肉は有名店に負けないハイクオリティなものが揃っています。

皐月

写真は大判ミスジですが一枚850円もします。このクラスのお高いお肉ですと、素晴らしい味わいが体験できます。

安いお肉はあまりにも普通ですので、思い切って高いお肉を食べるのがおすすめです。コスパ的には上カルビが一番でしたが。

他のお肉のレビューはグルメブログの方に掲載しています。

際立った1枚を食べるNo.3 「ホルモン在市」

ホルモン焼きの「ごちゃまぜ焼き」も美味しい月島の焼肉店のホルモン在市ですが、普通のお肉もハイクオリティなものが揃っています。

ホルモン在市

アラカルトのお肉はそれほど高くないもののハイクオリティなものが揃っています。

ホルモン在市

お店のイチオシが飛騨牛 塩サーロインで1枚1000円もします。このお肉は店員さんが焼いてくれて、最高の状態で食べさせてくれます。

お肉の良さを味わうために塩で頂きますが、飛騨牛のさっぱりとした脂の味わいが最高ですね。

他のお肉のレビューはグルメブログの方に掲載しています。

店員がお肉を焼いてくれるNo.1 「生粋」

一口に焼肉屋さんと言っても様々な形態があり、自分でお肉を焼くスタイルのお店が一番一般的ではありますが、高級焼肉店になると店員さんが全て焼いてくれたりします。

店員さんが、様々な部位を一枚一枚丁寧に、部位の特性に合わせて焼いてくれるようなお店は、高級な焼肉店に多く、お値段も1人1万円位してしまうのが普通です。

こういった高級スタイルの焼肉屋さんでおすすめなのが、東京秋葉原にある生粋です。「よろにく」という南青山にある超人気の高級焼肉店があるのですが、生粋も系列のお店です。

しかも、生粋は、秋葉原近くの末広町という場所柄なのか、本家の「よろにく」よりもリーズナブルに超高級焼肉がいただけてしまうのです。

焼肉 生粋

一皿いくらというアラカルトのメニューも有りますが、こちらのお店はコースを頼むのが基本です。

コースは5400円ですが、ドリンクなども頼むと思いますので、一人あたり6000円はどうしても超えてしまいますね。しかし、このレベルの高級焼肉をこの値段で味わえるのは破格といえます。


コース内容は、赤身肉の牛刺から始まります。


3種類の変わり種ユッケが出てきたり。キムチやナムルも出てきます。


お肉は、1人1枚ずつ、様々な部位を順番に焼いてくれます。
全部で8種類のお肉が出てきました。
各1枚ずつなのでボリューム不足に感じるかもしれませんが、満足度は高いはず。


全て店員さんが、各部位に最適な焼き方で、見事なテクニックで焼き上げてくれます。


締めに出てくる素麺がまた激烈に美味い!
超固茹での麺が、一流うどん店のいりこ出汁のような上品な汁に浸かって出てきます。


そしてデザートにはかき氷。これがまた尋常じゃなく美味い!
1時間ほど列ぶ某有名かき氷店よりも遥かに美味かった。

リーズナブルとはいえやはりそこそこのお値段がする高級焼肉店ですが、お値段以上の満足感が得られると思います。ぜひ一度体験してみることをおすすめします。

普通の自分でひたすら焼いては食べを繰り返す焼肉店とは違う世界が見えるかもしれませんよ。

他のお肉のレビューはグルメブログの方に掲載しています。

店員がお肉を焼いてくれるNo.2 「SATOぶりあん にごう」

今や食べログでは東京トップの星がついている阿佐ヶ谷のSATOぶりあん にごうです。
かなり予約が難しいお店になってしまいました。

コースを頼むと、いろいろな種類のお肉を店員さんが焼いてくれるタイプの高級焼肉屋で、がっつり食べるのとはまた違った良さがあります。

SATOぶりあん にごう

基本コースを注文する形になります。この時は7500円程度でしたが、今は8500円に値上がりしているみたいです。


様々な種類のお肉が順番に運ばれてきて、全て店員さんが焼いてお皿に乗せてくれます。
写真はタンですが驚きの分厚さですね。


何種類もお肉が出てきますが、ハイライトは最後に出てくるシャトーブリアンです。
お店の名前からも分かる通り、これがウリになっています。


これをタレに絡めながら焼いて、ご飯に乗せてくれます。これぞ名物のブリ飯です!
これを求めて多くのグルメたちが予約争奪戦を繰り広げているわけですね。

今やかなりの人気店になってしまって、少しお値段も上がってしまったようですが、それでも1人10000円以下で食べられますので、たまには贅沢をいかがでしょうか。

個人的には生粋に比べると、一つ一つのお肉に際立った感動を覚えませんでしたが、それでも焼いてもらう特別感は格別です。

他のお肉のレビューはグルメブログの方に掲載しています。

お酒が安く飲み会に最適な焼肉屋さんNo.1 「やまだ」

さて、最後はお酒がリーズナブルに飲める焼肉屋さんです。焼肉にはお酒がつきものです。いくら焼肉がリーズナブルでもお酒が高かったら結果的に高くついてしまう可能性があります。

白飯なんかいらない、お肉をお酒で流し込みたいという方には、お酒がリーズナブルであることも極めて重要です。

しかし、いくらお酒が安くてもお肉がまずかったら仕方ありません。当然、お肉がすっごく美味しくて、なおかつ酒が安いお店である必要があります。単にお酒が安いお店なんていくらでもあります。

そこでおすすめしたいのが、御徒町駅近くにある焼肉やまだです。お肉もリーズナブルでおいしいのですが、17時~21時のサービスタイムの酒類の安さに驚かされます。

焼肉やまだ

上で挙げた鶯谷園ほどではありませんが、こちらの焼肉やまだもコスパに優れた焼肉屋さんです。一皿1000円以下のお肉が十分すぎるほど美味しく、コスパ抜群のお店!

しかも、17時~21時の間は、生ビールが260円、サワーが210円という異様な酒の安さ。肉が素晴らしくリーズナブルで美味くて、酒までここまで安いお店は非常に貴重です。


お肉はどれもおいしいですが、やっぱり定番はカルビかな。写真は塩です。
塩でもタレでも本当においしい。このレベルで一皿950円ですからね。


個人的にぜひ味わっていただきたいのがハラミです。
普通のお店ではハラミがカルビに勝つことはまずありません。
しかし、「焼肉やまだ」のハラミはカルビを打ち負かすほどの美味さ!

他のお肉のレビューはグルメブログの方に掲載しています。

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

関連ページ by google

グルメカテゴリの人気記事

コメントを残す