情報商材なんて買っても稼げないっていい加減気付こうよ!最適なメンターに出会うための条件見極めろ

私が情報商材を初めて買ったのは、もう20年以上前の事になります。購入したのはオフラインで販売されていた情報商材でした。

その名も「伸長法」!

背を伸ばす方法を解説した教材でした。私は昔から背が低いのが悩みで、川畑愛義の背がグングン伸びる本などを愛読していましたがさっぱり効果がなく、中学生の時についに3万円もする「伸長法」という教材に手を出したのです。

これは、ポストにチラシが入っていて、購入して銀行振込で支払うと宅配便で届くという教材で、ネットが普及していない時代の情報商材は皆こんなスタイルでした。

当然のことながらそんなもので身長が伸びるわけはなく、結局今でもドチビのままです。この伸長法、その中身は川畑愛義の書籍をリライトしてヨガのテイストを加えて肉付けしたようなショボイ内容で、20年以上経った今日の情報商材の内容と変わらないなあと笑えてきます。

なんか最近では、「川畑愛義」本家の情報商材も出ているらしいですが、どこかがライセンス取得して出してるんですかね。本人は2005年に100歳で亡くなってるはずなんですが。

まあ、いずれにしても、一応医学博士である川畑愛義の理論自体、彼が15歳の時に考えたという噂もあり、身長に遺伝はほとんど関係ないなどと述べており、子供の栄養状態が大幅に改善した現代には全く当てはまらない理論なんですがね。

栄養や生活習慣・睡眠などではなく、遺伝がボトルネックになっている現代のチビ達には、あまり効果はないでしょう。高価な「川畑愛義の情報商材」を買ったところで身長は伸びないでしょう。

高価な情報商材を購入したところで、9割以上の人は全く稼げないのが現実!

まあそれでも、1万や2万の情報商材なんてカワイイもので、今では30万円オーバーの情報商材が幅をきかせるようになってきました。バックエンドでは100万円を超えるコンサルや商材も珍しくありません。

私がアフィリエイトでネットビジネスの世界に入った2000年代初頭の頃は、情報商材といえば29800円程度が主流でしたが、今ブイブイいわせている世代(与沢翼かその前くらいの世代)が参入してきた頃から高額な商材に傾倒していきました。

それまでも29800円などという書籍より遥かに高い読み物に驚いていましたが、30万円が当たり前の今となっては、29800円が良心的に感じてしまいます。

しかしまあ、3万円だろうと、30万円だろうと、300万円だろうと、購入した人にほとんど効果が無いという点では共通しています。

話をお金を稼ぐための情報商材に絞りましょうか。3万円の教材だろうと、30万円の教材だろうと、買った人の99%はロクに稼げるようになりません。ちょろちょろ稼げるようになる人が10パーセント、しっかり稼げるようになる人が1パーセントいればいいところです。



稼げるという教材を買ったところで9割の人は”全く”稼げるようにはなりません。

教材の内容が詐欺同然のクソであろうが、神レベルの素晴らしい商材であろうが、やっぱり殆どの人が稼げないのです。本当に稼げません。

というか、購入しても実行すらしない人がほとんどなのです。

かつて30万円の与沢塾を購入した人が言っていましたが、動画形式でカリキュラムが進む仕組みだが、回を追うごとに動画再生数が減っていき、3回目の動画で早くも大半の人が脱落していたそうです。

これは一概に教材がクソということではありません。要は、動画や文章の教材を通信教育で学ぼうと言うのが間違いなのです。学びにはライブ感と一体感(共鳴)が重要になります。

例えば私の知り合いに有名大学の通信課程を卒業した方がいますが、いわく通信課程の卒業率は1割だそうです。同じ大学の通学の生徒は9割以上が卒業に至るのでしょうが、通信教育になると逆に9割が脱落してしまうのです。

これが通信教育の難しさです。やはり、毎日わざわざ満員電車で時間をかけて登校するという行為には大きな意味があるのです。きちんと登校するという習慣付けを行って、師匠と仲間と一緒に生で学ぶということが成果を生むのです。

考えて見れば当たり前の話です。イチローがバッティングを教える通信教育教材があって、きちんと動画教材で教えてくれるとして、打てるようになると思いますか。なるわけ無いですよね。なるかならないか以前に、カリキュラムに沿って外に出て練習する人は1割もいないでしょういし、動画を最後まで見る人ですら半分もいないでしょう。通信教育の限界です。

情報商材だって同じことです。100歩譲って教材の内容が素晴らしかったとしても、殆どの人は稼げるようになりません。

ネットビジネスで稼げるようになりたいなら、情報商材は買わずにメンターを見つけろ

では、ネットビジネスで稼ぎたい人が夢をかなえるためにはどうすればよいのでしょうか。情報商材を買っても稼げないなら、おとなしく諦めるしか無いのでしょうか。

いえいえそんなことはありません。自分で無料の情報を集めるなりして、自分の頭で考えて創意工夫していけば良いのです。自分の頭で考える、これ大事です。自分で考えたうえで、足りない部分を教材を買って補うという使い方は大いにありです。

みんな、この自分の頭で考えるということをしないんですよね。情報さえ買えば稼がせてもらえると、基本的に他人本位なんです。

だからこそ、カリスマ性のある情報販売者の虜になって、マインドシェアを奪われ、いつまで経っても稼げずに、繰り返し教材にお金を払うだけのノウハウコレクターになってしまうのです。

自分の頭で考えてくださいね。とはいえ、なかなか自分で考えてどうにかデキる人ばかりではないでしょう。右も左もわからなくて、それでもどうしてもネットビジネスでやっていきたいと考える人がいたら、情報商材を購入するのではなくメンターを見つけてください。

メンターというのはつまりは師匠のことです。ネットで稼ぐための方法論をイチから教えてくれるメンターを見つけることが一番の近道です。



つまり、お金をつかうなら情報商材を購入するのではなく、手取り足取り教えてくれるコンサルにお金を出してください。

塾形式ではダメです。個別指導塾や家庭教師のように、マンツーマンでコンサルしてくれる形式でないと、なかなか成功することは出来ません。通信教育形式の情報商材は論外です。

生で会って指導を受けるのがベストですが、なかなかいろいろ制約があるので、スカイプコンサルなどでもいいでしょう。とにかく録画した動画で習うのではなく、ライブで指導を受けるのが重要です。

基本的なカリキュラムを習うのは動画でも良いのですが、例えば急にわからないことが出てきた時に、口頭で指導してもらえることが重要です。メールサポートなどでは、返信に時間がかかって、その間にモチベーションがだだ下がりになってしまいます。

すぐにわからないことを聞けるということに加えて、カリキュラムの管理をしてもらえるという点も大きな利点です。前述の大学の通信課程の話もそうなんですが、要はいつどこまで進めても良いという通信教育は、己を律することが出来ない、奴隷体質の大半の日本人には毒でしか無いわけです。

いつどこをやっても良いという自由は、言い換えればいつまでたっても全くやらなくても良いわけです。明日やろう来年から本気だそうで、結局やらないわけです。

その点、厳しい指導のコンサルを受ければ、尻をつつかれるので、やらざるをえないわけです。実はこの尻をつつかれるという点が最大のポイントなんですよね。人間強制されなければなかなかやらないものなのです。

尻をつつかれないから、前述の与沢塾のように、回を追うごとに進めなくなって脱落していってしまうのです。ここが情報商材の最大の問題なのです。厳しく尻を蹴飛ばしてくれる師匠を見つけましょう。

最適なメンターを見つける為の条件

情報商材を購入するのではなく、直接指導を受けられるコンサル指導を購入するのがポイントだと述べましたが、コンサルをしてくれる「稼がしてあげるよ」といっている人なら誰でも良いのでしょうか?

そんなわけありませんよね。ネットビジネスと業界というのは、残念ながら詐欺まがいの人間がウヨウヨいる業界です。

私のように、BtoCの王道アフィリエイトで10年以上稼ぎ続けていたり、まともな生活消費財を販売するネットショップを運営して稼いでいるような、まともな意味でのネットビジネスを営んでいるのなら問題無いでしょう。

しかし、今のネットビジネス界で稼いでいると放蝶している人たちは、ほとんどが「稼げる方法」を稼ぎたい人に高額で売ることによって稼いでいるのです。つまりBtoBのネットビジネスなわけです。



これでは、限られたパイをプレイヤー同士で奪い合うゼロサムゲームです。そんなことをやっていては稼げないに決まっています。下手すりゃ合法のねずみ講ですよ。

稼がせますと高額なお金を取り、実際はまともな指導を行わない、そもそも教える側がロクな知識を持っていない、などということも珍しいことではありません。



セールスレターに騙されずに、本質的な意味でネットビジネスを理解している人から教えを乞う必要があります。ここ本当に重要です、絶対に本当の意味で実力を持った人から指導を受けてください。

しかし、良いメンターが見つかったとしても、それで必ず稼げるようになるわけではありません。そのメンターの指導ができるビジネスの内容が自分のタイプに合ったものでなくてはいけません。

あらゆるネットビジネス関係の指導ができるメンターなら問題ありませんが、大抵のお金をとって稼ぎ方を教えているコンサルは、自分自身もコンサルを受けて稼げるようになったばかりの身であるため、ある特定のビジネスの指導しか出来なかったりするのです。

一番多いのが、「「ネットで稼ぐ方法」を人に教えることで稼ぐ方法」を教えるコンサルです。そしてそれを習った人がまた、人に同じことを教えてお金をもらうという、マルチまがいの構図になっているのです。

これでも上手くやれば稼げるのでしょうけど、未来はないような気がします。そうではなく、BtoCのサイトアフィリエイトであったり、ブログアフィリエイトであったり、ネットショップやヤフオクによる物販であったり、こういった消費者向けの裾野の広いネットビジネスを教えられるような人に教えを受けたほうが良いでしょう。

できれば、ネットビジネス全般の知識を幅広く網羅した人に習うのが良いのですが、なかなか見つけるのが難しいでしょうね。こうした人から指導を受けられれば、あなたの向き不向きに合わせて最適なビジネスを一緒に考えてもらえます。

ある特定のビジネスしか教えられない人の指導を受けるなら、その人が教えてくれるビジネスが自分に合っているのかよく考えてから入門しましょう。人には向き不向きがあるので、あるビジネスに取り組んでも全く成果が出なかった人が、他のものをやってみたら成果が出たということは割りとあります。

自分に合っているなというジャンルの指導者を見つけたら、そこに入門して、最低1年はそれだけを続けてください。他の商材やコンサルに目移りしてはダメです。

いつまで経っても稼げない人の特徴として、新しい商材が出ると目移りして次々に手を出して、一つの取組みが続かないという傾向があります。あるものに取り組むと決めて入門したら、どんなに成果が出なくても最低1年間は無心で続けてください。

良いメンターに出会って、辛抱強く続けていれば、大なり小なり成果は出ます。まずは、自分にあったビジネスを、直接指導で誠実に教えてくれるメンターを見つけることが第一歩なのです。

良いメンターから指導を受けるには、それなりにお金は必要?

情報商材を買うだけではなく、良いメンターから直接指導を受けることが成功への近道だと述べましたが、それにはそれなりの対価が必要になるのは事実です。

情報商材ですら30万円などという途方も無い金額になっているのに、直接指導のコンサルともなれば金額も青天井です。

今旬の有名な人からコンサルを受けようと思えば、何百万単位のお金を取られるでしょう。そしてそれだけ払っても、同時に何十人かを指導するので、十分な指導が受けられないかもしれません。

最初からそのような金額を投資するのはなかなかできることではありませんし、入門しても必ず稼げるようになるとは限らない厳しいビジネスの世界ですので、あまりに大きい初期投資を行うのは無謀といえます。

そこで、指導を受けるなら手頃なメンターを見つけることが重要です。指導者側になりたての人も勘違いしている人が多いのですが、指導者と生徒というのはほんの少しの実力差があれば成り立つのです。

すなわち、自分よりもほんの少し上のステージにいる人から指導を受けるだけでも十分な勉強になるのです。あなたが全くの初心者であれば、月5万円稼いでいる実績のある人からの指導でも十分な勉強になります。

そして自分も5万円稼げるようになったら、次は月20万円稼いでいる人から指導を受ければ良いのです。そして月20万円自分が稼げるようになったら、月100万円稼げる人から指導を受ける、自分が月100万円稼げるようになったら業界のトップクラスの人から指導を受ける、とステップアップしていけばよいのです。

最初に指導をいただく月5万円稼いでいる程度の人なら、10万円くらい払えば基礎の基礎は叩き込んでもらえるかもしれません。運良くそれで月5万円稼げるようになれば儲けものです。

色々な考え方があり、いきなり業界トップの人間から指導を受けることが成功への最短ルートだという声もあります。それはそれで間違いなく正しいことではあると思いますが、それはトップ層のキャッチコピーの面もあるので、手堅く小さく始めるのが良いでしょう。

小さく始めると成功へは時間がかかりますが、失敗した時の損失が少なくて済みます。ビジネスである以上誰もが成功できるわけではありませんのでね。というか、始めても成功できない人のほうが圧倒的に多いわけで・・・

確実に成功できるなら、私もいきなり業界トップの人間から指導を受けることをおすすめするんですがね。そうではないので難しいところですね。やはり小さく始めて、徐々にステップアップしていくのが良いでしょう。

ということで本日のまとめ。

①稼ぎたいなら情報商材を買うのではなく、直接指導を受けられるコンサルを買うべき。

②自分に合ったビジネスを指導できるメンターを、じっくり吟味して良さそうな人に弟子入りする。詐欺まがいも多いので注意!よく人を見よう!

③直接指導のコンサルを受けるにはそれなりのコストがかかる。動画送ってハイおしまいの情報商材と違って手間がかかるのでそれは仕方ない。

④入門したら、一向に稼げなくても最低1年は指導通りに続けよう。他の商材やコンサルに浮気るるのは絶対になし。

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

関連ページ by google

マインドカテゴリの人気記事

2 Responses to “情報商材なんて買っても稼げないっていい加減気付こうよ!最適なメンターに出会うための条件見極めろ”

  1. たいしん より:

    記事の最後に商材置いたら売れそうなくらい真に迫って説得力のある文章ですね笑
    いちいち同意しながら読んでました。
    情報商材やセミナーは本当に魔境ですよね。aspのインフォトップすら胡散臭い感じあります。

  2. アフィリエイト先生 より:

    コメントありがとうございます。

    情報商材は胡散臭いものがほとんどですから本当に気をつける必要がありますよね。
    良い商材もイッパイあるのはわかっているのですが、見極めが難しいのが困りものです。

    まあ、商材の良し悪しよりも、買った人が実行するかどうかの方が更に問題ですが。

コメントを残す