ニートでも分かるネオニートのなり方 羨ましい?なりたい?なればエエやん

ニートになりたいって人多いんですかね?ニート関連の記事書いたら”ニートになりたい”って検索して来る人が多くはないもののチラホラいるもんでね。

まあニートに憧れている奇特な人がいるなら、せっかくならなり方を教えて差し上げましょうということで、本日の記事はニートのなり方について解説していきます。私自身がここ1年ほど体調が優れず、割とニートに近い生活スタイルなので、どうやってなったのかなど説明していきましょう。

まあ私の場合はネオニートと言った方がより正確ではあるのですが。実家で親のすねをかじって生活するのでなければ、なり得るのはネオニートしか無いですからね。正確にはネオニートのなり方を解説していきます。

真のニートのなり方は親のすねをかじるか生活保護を受けるかしか無い

ネオニートのなり方の前に、本当の意味でのニートはどうすればなれるのでしょうか。本当の意味での真性ニートになるには、実家で親のすねをかじりながら暮らすしかありません。ニートの親は、ある程度は裕福なな家庭でないと成立しないというのは有名な話です。貧乏な家庭では、ニートになることは難しいのです。

あるいは、実家の持ち家があると、親が定年退職して年金暮らしをしているというのに、その親に寄生している高齢ニートも結構な数がいるそうですね。持ち家があれば、親の年金で高齢のニートも慎ましく暮らせるわけです。親が死んでも押入れに遺体を隠して年金受給を続けた高齢ニートが逮捕される案件も毎年のように起きています。

真の意味でのニートは、結局の所は親のお金に頼るしか無いわけですから、親が裕福であったり、持ち家を持っていてしっかり厚生年金を受け取れる立場にないと厳しいのが現実です。

あるいは、精神病になりすまして生活保護を受けてラクラク暮らしている太い輩もいるそうです。私もパニック障害ぎみなのでよく分かるのですが、本当に精神を病むと非常に辛い状態になり、精神疾患はワガママなどではなく本当に病気なんだなとよく分かります。一方、仮病でもなかなか見抜くのが難しいのが精神疾患です。プロの精神科医でも完璧に見抜くことは困難です。これを利用して精神疾患の仮病で生活保護を受けてラクラク暮らしている若者が結構な数いるのが現実です。

全くけしからん連中ですが、この方法で実際にニート暮らしをしている人々は少なくない数いるわけですので、本当にそれを望むのでしたらネットで検索してみてください。仮病でも精神疾患認定してくれる精神科医の情報などがゴロゴロ出てきます。

いずれにしても、本当の意味でのニートとして暮らしていくのには、社会に親に後ろめたさを抱いて生きていくことになります。はっきり言って楽しくはないと思います。

確かに労働からは開放されて、楽々ぬくぬくの毎日でしょうけど、確実に飽きるはずですし病むはずです。そうではないでしょうと、働きたくない気持は良く分かりますが、目指すべき道は真性ニートではないはずです。

理想のニートの形は、親や社会に頼ること無く、自分の力だけで働かずにお金を稼いで生きていくネオニートにあるはずです。

ネオニート矢野さんからもう10年以上か!私もネオニートになれました

昔TV番組のニート特集で、ネオニート矢野さんなる人物が紹介されていました。2chでも大変話題になったので覚えている人も多いでしょう。確か親の遺産を元手に投資か何かで生計を立てている、力いっぱい無職のおっさんです。

当時、自分の力で生きているニートとしてネットでも大変話題になりました。当時たしか私は新卒で入った会社を半年で辞めたくらいのタイミングだった気がします。

私も当時はアフィリエイトで月7桁稼いでいたため、ある意味ネオニートでした。投資で稼ぐ矢野さんとはやり方は異なりましたが、アフィリエイトで稼ぎながら地方都市で半引きこもり生活を行っていたので妙に共感したのを覚えています。

そこから将来性に疑問を持ってしまいアフィリエイトを止め、ECで起業なんかしてしまったため妙に遠回りをして、現在は不動産投資なども行うことでより安定したネオニートになれました。

アフィリエイターの当時はSEOが全ての時代でしたので、google先生の気まぐれにビクビクする日々でしたが、現在は不動産投資から毎月安定した収入が入ってくるので安心ライフです。

その間、ネットショップ、アフィリエイト、株式投資、貴金属投資、不動産投資など、ネットビジネスや投資を色々と組み合わせて手がけてきたので、いくつもの収入源を持ってより安定した状態に持ってくることができました。

一応本業であるECの発送作業や、アフィリエイトのためのサイトやブログ作り、購入した不動産のセルフリフォームなど、仕事といえば仕事をしている日々ではあるのです。しかし、決まった時間に出社することもなければ、嫌な上司に理不尽な扱いを受けること無く、好きなタイミングで気が向いた時に働いている感じです。

やればやるだけ儲かるけど、別にやらないなら何もしなくても家賃収入や有価証券の配当収入で余裕で生活できる状態です。というか、不労所得だけでも年間8桁あるので、寝て暮らしてもどんどん資産が増える状態まで来ました。

完全に一切働かずにネオニートをしても十分に暮らしていけるどころか、勝手にどんどん資産が増える状態ですが、それに満足できずに何となく労働らしいことをしている状態でしょうか。なんというか稼げる稼ぎを逃すのがもったいないと感じてしまう状態なんですよね。

色々とビジネスや副業や投資をやってきて、良いもの悪いもの色々触れてきましたので、再現性重視の選考でネオニートを目指すのに良い方法論を紹介したいと思います。

不労所得を得ることこそが唯一かつ確実な方法

働かずに食っていこうと思ったら、不労所得を得られる状態になるか、ネット乞食でもして物乞いするしかありません。ネット乞食も生主などになって配信を行わないと碌に集まりませんから、ある意味働いているわけです。

ということで、多くの人が現実的に取り組めて再現性の高い方法というと、不労所得を得るという方法しかありません。株式投資やFXや仮想通貨などの投資で食っていくと意気込む人は多いですが、残念ながら半数以上の人がかえって資産を減らしているのが現実です。

ボラティリティの高いハイリスク投資でキャピタルゲインを狙う投資では、大きく儲ける人がいる一方で大きく損をする人もいます。安定的な不労所得とはいえません。

安定的な不労所得には、インカムゲインが主な収益源となるミドルリスク・ミドルリターンの投資先が必要になります。色々あるといえばありますが、私のおすすめは断然不動産投資です。

私の不労所得も多くの部分で不動産投資に頼っています。株式の配当ですと多い会社で3%程度が関の山ですが、日本国内の不動産投資では利回り10%位は全然達成可能です。

不動産投資もやり方によっては地獄を見る可能性がありますので注意が必要ですが、しっかり勉強して正しい知識を身に着ければ、これほど安全で魅力的な投資もありません。

仮に3000万円ほど投資を行えば、利回り10%でも300万円の家賃年収になりますので、十分ネオニート生活が可能です。

え?3000万も元手があるわけ無いだろうって?

大丈夫です。不動産投資はレバレッジが効くのです。融資を引いてローンで物件を購入すれば、自分の出せるキャッシュの数倍の額の物件を購入することもできます。

手元資金が1000万くらいしか無くても、2000万くらい借りてしまえば、3000万円分物件は買えるのです。ここでは不動産投資の詳しやり方を説明するのは割愛します。その知識は膨大になりますので、私の不動産投資ブログなどで勉強してください。

キャピタルゲイン狙いの投資系は止めたほうがいい

インカムゲイン狙いの不動産投資なんてチマチマやってられねえ。俺は株式投資の信用取引やゴリゴリにレバレッジをかけたFXで一気に稼いで悠々自適に暮らすんだ!と夢見ている人もいるかも知れませんが、やめておきましょう。

確かにそういった手段で一夜にして大金を手に入れて悠々自適の人生を送っている人はいます。40億円以上を仮想通貨で稼いだニートがテレビに出ていたりと、夢があるように思えます。

しかし、それはたまたま山を当てた極々極一部の成功者が目立っているだけで、その背後にはそうなれなかった何百倍何千倍の屍が積み上がっているのです。はっきり言って確実性がありません。

再現性どころの話ではないのです。FXなんて1人が大勝して、99人が死ぬレベルの戦いです。そんな確実性の低いことに人生をかけてはいけません。せっかく10年かかって貯めた1000万円を、FXで1ヶ月で溶かした人の話を肝に命じましょう。

確実にネオニートになるためには、しっかりコツコツ貯蓄を行って、インカムゲインで確実に収益を得られる不動産投資などに投入していかなくてはいけません。

1%の確率で大金持ちになる選択肢ではなく、99%の確率で働かなくてもギリギリ生活できる身分になれる手段を選ぶのです。金持ちになって豪遊することではなく、働かなくても生活できるようにすることが目的なので、目的を間違わないようしましょう。

キャピタルゲイン狙い系のセミナーや情報商材や、自動取引ツールなどに手を出すのもやめましょう。意味がありません。本当に確実に儲かるノウハウやツールが有るなら赤の他人に売るわけ無いでしょう。そんなものは無いからこそ、金をとって人に偽物を売るのです。

とにかキャピタル狙いはダメです。私のように最低限暮らせるインカムゲインを得られる立場になってから、ドカンと一発キャピタル狙いはありですが、1円の不労所得もない人が最初から一発はリスクが有りすぎます。まずは確実性を優先させましょう。

ネットビジネスなどの副業でタネ銭を稼ぐ?再現性ないのでバイトのがマシ

じゃあ不動産投資や債権投資などのインカムゲイン狙いの投資をやって、最低限生活できるだけの不労所得を目指すよ、でもタネ銭どうすればいいのよ?という声が聞こえてきそうですね。

先程も言いましたが、例えば不動産投資で年収300万円を得ようと思うとタネ銭が3000万ほど必要になります。ただ、融資も組み合わせて投資を行えば1000万くらいタネ銭があれば可能です。

高属性のエリートサラリーマンの場合は、タネ銭無しで全額融資で始めることもできますが、そんなエリートがネオニートになりたいなんてこのブログ読んでいるわけないので、割愛します。

とにかく1000万用意しないと話にならんのです。そこでネットビジネスなどでそれを稼ぎ出そうという人が多いのですが、はっきり言って現実的ではありません。再現性が低すぎるのです!

ネットビジネスで稼ごうとしても、まともな額を稼げるようになるのは100人に1人くらいです。月数万のちょっとしたお小遣いを稼げるようになる人でも100人に5人位でしょう。これが現実です。

正直なところ、時給を考えたらアルバイトをしたほうがいいくらいなんですね。そう、賃金労働で金を貯めて、投資を行うのが結局の所一番効率がよくて、一番確実性が高いスキームなのです。

本当に夢がない話で申し訳ないのですが、これが真実です。15年ネットで食っている私から言わせればネットビジネスは素晴らしいですよ、トータルで億単位で私に稼がせてくれましたからね。

しかし、誰でも同じだけ稼げる甘い世界ではありません。再現性の問題なのです。もちろん持っている人にとっては、バイトや正社員での賃金労働よりも遥かに効率的に稼げますよ。でも持っていない大半の人にとってはバイトのほうがマシなのが現実です。

まずは耐え忍んで賃金労働に身を捧げ、質素倹約に努め貯蓄をし、投資を行えるように1000万円の蓄えを目指しましょう。あなたが年収500万円の正社員なら3,4年、年収200万円のバイトでも10年チョイあれば貯められるでしょう。

いや、貯められなきゃオカシイです1000万くらい。本当にバイトでも貯められますよ。貯められないのでしたら、あなたの生活スタイルに問題があります。ネオニートに絶対になるんだという強い気持ちを持って、無駄使いをやめましょう。

全ての欲を我慢して金を貯められないなら、ネオニートにはなれませんし、ネオニートを夢みる資格はありません。私のように純資産億・年収数千万あるのに、家賃2万円少々のワンルームに住んで、月10万円以下で生活している人を見習ってください。

まとめ

無駄に長々と話してきましたが、要するにネオニートやるには不労所得が必要だよ、不労所得を得るには不動産投資がおすすめだよ、不動産投資やるには質素倹約してお金を貯めないとダメだよということです。

もちろんネオニートへの近道として、投資や起業で一発当てるというウルトラCが無いことはないのですが、再現性を考えないといけません。それを目指す人のすべてが叶えられるわけではありません。

確実にネオニートを目指すなら、賃金労働に耐え、欲を断ち質素倹約に努め、不労所得をもたらしてくれる収益不動産の取得を目指しましょう。

よく考えてみたら、これ私が過去記事で書いた、無一文人間のリバイバルプランと同じだった。というか、やっぱ不動産投資がそれだけいいのよね。正しい方法でやりさえすれば、これ以上の投資はありませんね。

今回は100記事目の記念として、30代後半に足を踏み入れた今、もし資産ゼロ収入ゼロの状態になってしまったら、私はどうやって復活するのかというテーマで検討していきたいと思います。
utunet.com

不動産投資で順々に資産を増やして、不労所得の拡大を目指す方法がより具体的に書いてあるので、こちらも合わせて読んでくださいね。

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

関連ページ by google

無職・ニートカテゴリの人気記事

コメントを残す