副業で月収100万円越えても会社の正社員を辞めるな!独立しても収入と生活は不安定

先日の2019年3月12日グーグルコアアルゴリズムアップデートで個人ブロガーがアクセス激減で阿鼻叫喚が聞こえてくる今日このごろですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

私?わたしはもう死にそうですよ。アクセス激減でメイン事業のECも比例して壊滅状態になってしまい、もうヤバいです。本気でシャレにならない事態ですよ。アフィリエイト始めて16,7年ですが、過去最大のピンチです。まあ色々やっているから全体としては全然平気ではあるんですがね。

インフルエンサー(笑)に煽られて、これからは個人の時代だとか言って、会社をやめて専業アフィリエイターやブロガーになった人どうするんですかね。今頃真っ青なんじゃないでしょうか。

最近はカリスマブロガーなんかが会社のために働くなんて馬鹿だと煽りまくっていますが、そんなものをまともに信じていたら人生終了してしまいますよ。あれは転職のアフィリエイトに誘導して金儲けをするために煽っているんですからね。騙されちゃダメです。

私は昔から一貫して言っているんですが、アフィリエイトなんて一生の仕事ではありません。自分の子供にお父さんはお母さんはアフィリエイターなんだよなんて言えますか?恥ずかしくないんですかと。

アフィリエイトは副業です。間違っても本業なんかにしてはいけません。アフィリエイトは全てgoogle先生だよりの商売で、グーグル様の気分1つで翌月の収入ゼロなんてことも十分にありえるのです。こんな不安定な金儲けを本業に出来ますかいな。

本日は、アフィリエイトで偶然ポッと100万くらい稼げてしまっても、絶対に会社を辞めてはいけないという話です。無知な若手サラリーマンや大学生を煽って、就職をして会社員として働く人生を止めさせ、起業を勧める煽りがあまりにも酷いので、警告です。

本当の意味での起業なら良いのですが、情報発信やブロガーやユーチューバーなど、最近流行りのショボい起業なんて専業でやるのは馬鹿げています。こういったものは副業に留めるべきです。

ブログやサイトアフィリエイトで稼いでもgoogleに命運を委ねているだけ

会社に縛られない生き方であるとか、自分の力で稼いでいくみたいなことが素晴らしいと啓発されているブログ界隈ですが、自分の力で稼ぐとはどういうことですか。

確かに会社の名刺や肩書に頼って仕事ができているサラリーマンと違って、起業をしたりフリーランスになった個人は自分の力で稼いでいるように見えます。

しかしどうですか、起業だフリーランスだなんだと言っている人の殆どがウェブ関連の事業じゃないですか。ネットで稼ぐということは、これすなわちgoogle様だよりの商売ということになります。

すでにファンを大量に抱えているインフルエンサーやカリスマブロガーならgoogleに頼らなくても、固定客やSNSからの集客で安定した利益を上げられますが、そうではないブロガーや情報発信者の殆どは集客をgoogleに頼っています。

こんなに不安定な仕事がありますか?google次第で翌日には収入がゼロになってしまうかもしれないんですよ。これじゃサラリーマンが会社に依存しているどころの話ではありません。正社員は簡単にリストラできませんが、googleがあなたのブログを落とすのは365日いつだって自由です。

こんなもので稼いで、自分は起業家だなんだと放蝶しているのは実に哀れなことです。アフィリエイトなんて昔はネット乞食と呼ばれていたあぶく銭を稼ぐものです。こんなのを正業にしていいわけがありません。あくまで副業のためのアフィなんです。

カリスマブロガーも意外と少数の案件がたまたま当たっただけのケースが多い

それでもカリスマブロガーみたいに月収100万円以上あれば、多少落ちてもまだまだ生活できるんじゃないのと思うかもしれませんが、沢山稼いでいる人も意外と薄氷の上を歩いていたりするんですよ。

月収100万クラスのブロガーのブログのアクセス数ってどのくらいだと思いますか。実はせいぜい1日あたり1,2万PVだったりするんですよね。どうですか思ったよりもずっと少なくないですか。

サイトアフィリエイトと違って、ブログの場合はアドセンスをキャッシュポイントとしているようなイメージがありますが実は違うんですね。

アドセンスで100万円を稼ごうと思ったら、月間アクセス数300万PV×クリック率1%×クリック単価30円=月90万円なので、1日に10万PV強は必要になります。もちろんクリック率や単価はブログ構造やジャンルによっても異なりますが、多くの雑記ブログはこんな感じです。

1日10万PV強あるブロガーって本当の本当に一握りですよ。有名ブロガーのイケハヤでも全盛期で1日3,4万PVだそうですからね。10万PVブロガーも実際にいますが、その数は極めて少ないのです。

では10万PVもいかない多くのブロガーがどうやって稼いでいるのかというと、成果報酬型のアフィリエイトなんですよね。A8ネットやバリューコマースといったASPです。

しかも、ブログが何千ページとある中で、稼いでいるのはほんの数記事だったりするわけです。キラーページなどと呼ばれるクロージング専用ページを作って、各記事から誘導しているわけなんです。

本当にわずか1ページが月に何十万という売上を上げますからね。私の主戦場である物販アフィリエイトのサイトでも、100ページ位あるコンテンツの内のわずか1ページが何十万という利益を上げています。今やだだ下がりだけど(泣)

ということで、そのページが万が一飛んだりしたら、利益激減になってしまうわけですよ。サイト内からの誘導もありますが、やはりメインとなるのは検索エンジンからの流入なんですよね。アクセス数ももちろんですがコンバージョン率がぜんぜん違うんです。そのキーワードで検索して記事に飛んできた見込み客は購買意欲が違うんです。

だからグーグルのアップデートでキラーページが飛んでしまうと、昨日まで月収100万円とドヤ顔していたブロガーが、一夜にして月収数万円の雑魚ブロガーに転落してしまったりすることも珍しくはないのです。

本当にたまたま1案件稼げる記事を生み出せただけのブロガーがカリスマ名乗っていたりしますからね。そういう輩がドヤ顔してノートとか情報商材売ったり、サロンに入会させたりしているのです。

本当に実力があるのは、PV数に比例するアドセンスで100万円以上稼げている1日10万PVブロガーです。コツコツ記事を書き溜めて、グーグル変動に左右されないブログ運営を出来ている人が本物です。

たかだか月100万の副業収入で大手企業を辞めるなんてアホの極み

以上、カリスマを名乗るブロガーの現実でした。googleに首根っこ抑えられた金稼ぎで、今たまたま稼げているだけの人の何と多いことか。状況変わればあっと言う間にすってんてんですよ。

私はアフィリエイトを16,7年やっていますが、その昔100万以上稼いでいた仲間で今でも稼いでいる人だれもいません。というより、5年以上月収100万円保てている人ってどれだけいるんでしょうかねえ。極めて少ないのではないでしょうか。

保つのが難しいから、ある程度の額稼げるようなると、皆んなノートやサロンに走るんですよね。カリスマ感出せているうちに、有料コンテンツで搾り取れるだけ搾り取ろうと。

別にお金を取ってコンテンツを提供することを否定しているわけではありません。大いに結構だと思いますよ。無料で情報クレクレ君の方が遥かに害悪です。

しかしね、独立起業が簡単にできるようなことを放蝶して、しっかりしたレールに乗って人生歩んでいる人をそそのかして脱線させるのはいかがなものかと思うわけですよ。

そりゃね、ブログを始めるのは実に簡単なことですし、会社を作って肩書だけ代表取締役社長になるのは簡単なことですよ。でも利益を上げてそれを毎年毎年保つことは容易なことではありません。

フリーで生きていくって簡単なことではないんですよ。もちろん一部の成功する人は爆発的に稼げますし、会社員をやっていた自分を振り返ってバカバカしく思うでしょう。

でもね、成功できない圧倒的マジョリティも全て含めて計算した期待値は、安定した大企業のサラリーマンよりも遥かに下回るんですよね。会社を辞めて、あるいは就職しないで新卒カードを捨てて、ショボいビジネスで起業するなんで愚か極まりません。

でかいビジネスを起こすために起業するならいいですよ。自分の一生をかけて世界的な企業を作るんだという志ならOKです。でもね、ブログで稼ぐとかしょっぱいネット乞食で起業なんて笑いものです。

ブログで稼ぐなんて所詮は副業なんですよ。副業でやるのはいいともいますよ。というか副業なら皆やったほうがいいと思います。月数万円のお小遣いを稼ぐのでしたら、割と皆んな達成できる現実的な目標です。

でもこんなの本業にしちゃダメでしょう。たとえアフィリエイトで月100万円を稼げても、会社を辞めるなんていう愚かな選択をしてはいけません。あなたその額5年後10年後も稼げていますか?

月300万円くらい稼げるようになったのでしたら自己判断で好きにすればいいですが、私は正直月1000万円くらい稼げない限り会社をやめるのは賛成しませんな。一流企業勤めなら尚更ね。

逆に風が吹いたら飛ぶような零細企業や、体も心もボロボロになるようなブラック企業に勤めているなら、月100万くらいで辞めてもいいのかなと思います。

要は今いる立場が捨てても惜しくないくらいなのかどうかによりますな。本業が極端にキツくないなら、副業でいくら稼げても籍置いておいてもいいと思いますけどね。

インフルエンサーにマインドシェアを奪われて独立起業なんて気軽に目指してはいけません。目指すべきは副業です。

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

関連ページ by google

正社員・サラリーマンカテゴリの人気記事

コメントを残す