激安の無前ルータ Aterm WR8165Nで自宅にWIFI環境を作る

ここ2,3年ほど、電車にのっているとスマホをいじっている人の多さに驚きます。日本ではガラケーが人気だといっても、もはやスマホ化の波には逆らえません。

アクセス解析を見ても、もはやパソコンからの閲覧よりも、スマホなどモバイルからの閲覧のほうが上回っているくらいです。

こうなってくると、レスポンシブデザイン導入や、モバイル環境でのアクセシビリティのチューニングなど、モバイルを念頭に入れたサイト作成が求められるようになってきています。

私も重い腰を上げて、昨年末にやっとレスポンシブデザインを全サイトに導入しました。

モバイル環境用にレスポンシブデザインでサイトを作っても、実際にスマホで確認してみないことには、きちんと表示されるか分かりませんよね。パソコンで擬似モバイル環境を作り確認することもできますが、やはり実際にスマホで確認するのが一番です。

そこで、私も何台もスマホを購入して、色々なサイズの画面でサイトの表示をチェックしています。しかし、何機種もSIMを抜き差し繰り返しチェックしているので、データ通信量を浪費してしまいます。また、速度が遅いのもストレスです。

そこで、事務所の光回線で通信できるように、無線ルータを導入しました。

今まで、事務所のネット回線は光回線のNTTのルータから有線で各パソコンに接続していて満足していたので、無線化は考えていませんでした。自宅なら気になっていたでしょうが事務所なのでLANケーブルの存在がそれほど気になっていませんでした。

しかし、スマホをWIFI接続で光回線に繋げたかったため、今回重い腰を上げて無線ルータを導入しました。

といっても、わずか2000円の格安無線ルータなんですけどね。
結果的にこの格安WIFIルータで十分でした。

created by Rinker
NEC
¥3,600 (2021/10/25 19:33:12時点 Amazon調べ-詳細)

今日はNECの格安WIFIルータで作る無線通信環境のレビューをしていきたいと思います。

光回線やADSLやケーブルテレビのインターネット回線を自宅に引いていながら、WIFI化を済ませておらず、貴重なスマホの通信容量を浪費している方、もったいないですよ。わずか2000円でWIFI環境を構築できます。

NECのAterm WR8165Nをわずか2000円少々で購入!

色々高い機種もありますが、これで十分そうなので、早速ネット通販でぽちっと購入しました。

箱をオープン!!
中身は取り扱い説明書、本体、電源アダプターのみとシンプルです。

ほんとにこんだけ!簡単でいいですね。あ、あと短いLANケーブルも入っていたか。

本体背面はこんな感じ。一番下が光ルータから接続するWANコネクタですね。上の3つの差込口は有線LANの接続コネクタです。

接続もらくらく!
光ルータのLANコネクタと、Aterm WR8165Nの一番下のWANコネクタを、LANケーブルで接続するだけ。あとは、電源アダプタを接続すれば自動的に電源が入ります。

電源が入り、ランプがつくと準備完了!
一番下のAIRのランプがついていれば、もう無線電波が飛んでいます。

いよいよスマホと接続してみますよーー


いよいよスマホと接続してみます。スマホのOSによって操作は異なりますが、今回はアンドロイド4.1.2の画面のキャプチャです。
ホーム画面にある「設定」をタップすると上のような設定画面が出てきます。Wi-Fiをオンにしてから、「Wi-Fi」をタップします。

すると現在受信できるWi-Fi電波の一覧が出てきます。画像のモザイクになっている所にSSIDが表示されていますので、Aterm WR8165Nの物を探してタップします。

Aterm WR8165NのSSIDは本体の裏に貼られたシールに記載されています。画像のモザイクがかかっているプライマリSSIDというところですね。

Aterm WR8165NのSSIDをタップすると、画像のようなパスワードの入力を求める画面が出てきます。ここに暗号化キーを入力します。暗号化キーは先程の本体に貼られたシールに記載されています。

これで設定は完了です。先ほどのSSIDの所に接続済みという表示が出ます。これで接続完了!
もうWI-Fi接続で通信ができるようになっているはず。

格安ルータでも全然快適に使えました!!

設置も接続もあまりに簡単で驚きです。スマホを使ってみると、ウェブもアプリも問題なく使用出来ました。光回線での接続なので、速度も早い早い!
事務所でのスマホ利用が快適になりました。

しかも、事務所にいる間は、LTE接続も3G接続も使わないため、スマホの通信容量も無駄に使わなくて済むので素晴らしい。

作ったサイトの確認も、いろいろな画面サイズの機種で自由自在になり本当に大満足です。

これからWEBで食べていこうという人は、間違いなく家や事務所に光回線を引いていると思いますので、Wi-Fiルータを導入してスマホでの表示チェックが快適に行える環境にする必要があります。

何しろ僅か2000円足らずで環境構築できるのですから。

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

関連ページ by google

ガジェットカテゴリの人気記事

コメントを残す