ノウハウコレクターとは?情報商材ばかり買って稼げない状態から脱出する方法

最近、ビジネス関連のライングループで私と同年代の派遣社員の方が、とある情報商材のURLをアップして、これはどうなんだろうかと訪ねていました。しかし、百戦錬磨のアフィリエイターが集まる窓で、そんなもの稼げるわけがない!正気で言っているのか!と袋叩きにされてしまい大変気の毒でした。

まあこれがまた典型的な詐欺商材のランディングページで、オラオラ系の下品なギラギラデザインに、「誰でも」「クリック一つで」「1日3分で」といった典型的なワードの入ったレターが長々続いているものでした。

デザインの胡散臭さはともかくとして、この手の典型的な詐欺ワードが入っているレターの場合、確実に詐欺ですからね。これを忘れてはいけません。

しかし、この方は30代になっても派遣社員を続けて、ちょくちょく情報商材を買ってはネットビジネスに挑戦しているようですが、なかなか結果が出ていません。今までアフィリエイトにも色々挑戦したようですが、楽天アフィリエイトで累積数千円を稼ぐのがやっとのようでした。少ない給料の中から費用を捻出し情報商材を必死に購入しても稼げないという人は山ほどいるのです。

その一方、先日お会いした関西在住のスーパーアフィリエイターの方は、まとめ系のアフィリエイトで月100万円ほどを稼いでいるそうです。プロフィールは人づてに聞いていたので、てっきり気軽に始めたら偶然大ヒットしてしまった強運の持ち主かと思いきや、もう10年以上のネットビジネスのキャリアがあり、あらゆるノウハウを試してきたそうです。

この人が今の手法で大成功をおさめるに当たっては、既にこの分野で成功していた人からノウハウを伝授してもらったそうです。前にも言いましたが成功しようと思ったら情報商材を買うのではなく、成功している人に教わるのが最短の道です。

高価な情報商材を購入したところで、9割以上の人は全く稼げないのが現実! まあそれでも、1万や2万の情報商材なんてカワイイもので、今では30万円オーバーの情報商材が幅をきかせるようになってきました。バックエンドでは100万円を超えるコンサルや商材も珍しくありません。 私がアフィリエイトでネットビジネスの世界に入った2000年代初頭の頃は、
utunet.com

この人のすごいところは、まとめサイトで成功する以前も、せどり、物販、株式投資、FX、ブログアフィリエイト、メルマガアフィリエイトなど様々なネットビジネスに取り組んできて、その全てで月10万円レベルまで達していることです。

しかも情報商材を一切購入することなく、独自に収集した情報で成功まで至ったというのですから素晴らしい。正直なところ色々な成功した人の話を聞く限りでは、成功している人って情報商材をあまり買わないんですよね。私もそうなのですが、正直なところセールスレターやメルマガや販促動画を見て、少しプラスアルファでネットで調べるだけでだいたいノウハウが分かってしまうわけです。

真面目に稼ぎたいなら、ノウハウなんてお金を出して購入しなくても暴けるくらいにならないといけません。もちろん、ある程度以上に稼げるようになって、自分の引き出しを強化するために本当の意味でしっかりした教材を購入するなら大いにありです。

ノウハウコレクターとは

私は挑戦することは素晴らしいことだと思いますし、情報商材が絶対にいけないと言っているわけではありません。ただ、結果が出ないまま次から次へと目移りしては新しい情報商材を購入し、今取り組んでいることを途中で諦めてしまう人が多すぎます。

こういう人はノウハウコレクターと呼ばれ、ネットビジネス界隈に関わる人からは蔑まれ、情報販売をしているインフォプレナーからは正直なところカモとして見られています。稼ぐどころか高額な教材やセミナーに金を支払い資産を減らしてしまっているわけですからね。

月1万円を稼ぎ出すレベルにも達せずに、5個以上の情報商材を購入したことがある方は立派なノウハウコレクターと言えるでしょう。今ドキッとしたそこのアナタ!あなたノウハウコレクターですから!残念っ!!

何も30万円や50万円といった高額な情報商材ではなく、3万円くらいの小粒の教材であっても5個購入すれば15万円ですからね。それだけのお金を稼ぐのがどれだけ大変なことだと思いますか。くだらない詐欺商材を買っている場合ではありません。

一刻も早くノウハウコレクターを脱出して、今までの損失を取り戻さなくてはいけません。玉石混交の世界ですから、たまたま今まで買ったノウハウが全て詐欺だった可能性もありますが、普通に考えて5個も10個も買って稼げないのは、あなた自身に問題があるからです。このことをしっかり自覚する必要があります。

情報商材を選別して購入する!詐欺教材の見分け方

まずは、もう詐欺教材を掴まないということを覚えなくてはいけません。冒頭で紹介した派遣社員の方のように、いかにもな詐欺教材に興味を持ってしまう時点でもうアウトなのです。

私や他のしっかり稼いでいる面々は、ランディングページを見ただけで詐欺であることを一瞬で悟ることが出来ます。というかそのくらいにならなければ、ネットビジネスで結果を出すことは出来ませんし、情報商材なんか買ってはいけません。

こればかりは経験を積まなくてはいけません。前述の通りある程度稼げる力のある人は、教材を買わなくてもある程度その内容を推察することが出来ます。これは経験の蓄積からくる力ですので初心者の方にはなかなか難しいでしょう。

では初心者が簡単に詐欺商材を見分けるにはどうしたら良いのでしょうか?
それは、詐欺ワードが入っているかいないかを見極めることです。

そもそもノウハウコレクターには特徴があり、皆一様に楽して稼ぎたいと考えているという点で一致しています。額に汗して稼ぐのであれば、本業の後にアルバイトをして限界まで労働力を切り売りしてお金をためて、不動産投資でも行うのが一番確実です。

でもみんなネットビジネスで稼ぎたいと願うのは、片手間でパソコンをカチャカチャやって何千万円何億円と稼ぎたいと妄想しているからなのです。

だからこそ、詐欺商材を売る詐欺インフォプレナーは、そういった夢を持った人の心に刺さるセールスレターで網を張って鴨がかかるのを待つわけです。

そのキーワードとは、「誰でも」「中卒でも」「元不良が」といった人を選びません系、「簡単に」「クリック一つで」「1日3分で」といった簡単ですよ系、「確実に」「再現性100%」といった確実ですよ系などがあります。

こういったワードが少しでも入っていたら、初心者はもうそれは詐欺商材と判断してもいいと思います。そのくらいありえないワードなのです。

まず、人を選びません系から考えていきましょう。誰でも稼げるなんてことがあると思いますか?ビジネスの世界に学歴は関係ありません。これは間違いありません。商人はもちろんのことサラリーマンであっても学歴パワーが通用するのは就職時までです。

しかし、サラリーマンであっても事業主であっても高学歴の人間のほうが成功出来る確率が高いというのもまた事実です。決して条件はイーブンではありません。基本的な頭の作りもそうですが、今まで学んできた知識のストックであったり経験の蓄積がもろに効いてきます。

したがって誰でも大丈夫ですよという勧誘を行っているのは怪しすぎるのです。そもそも本当に優れた教材であるなら、元暴走族とかそういったプロフィールをわざわざ公開するメリットはありません。イメージが悪くなるだけです。このように社会の底辺だったけど稼げたよという様なレターは、そのような階層の人に共感を持たせてその気にさせるためのレターなのです。当然中身なんてありません、スカスカです。

次に簡単ですよ系です。これが一番注意なんです。「クリック一つで」とか「毎日10分の作業で」というようなキーワードは情報商材のセールスレターではあまりに目にするワードですが、これ入っていたら100%詐欺です。もうね楽して稼げるなんて言うワードが少しでも入っていたら完全に確実にインチキ教材です。

まずね、この世に楽して稼げるものなんてないわけです。ネットビジネスで稼いでいる人の話を聞くと、みんな必死になって見えないところで鬼のような作業量をこなしているわけです。もちろんある程度まで行くと外注化や組織化などで楽をしている人もいますが、最初月100万円くらいまでは自力でがむしゃらに働いているのです。楽して稼げいる人なんていませんからね。楽して稼いでいるのは詐欺教材を鴨に売りつけている人達だけです。

仮に楽して稼げるものすごいノウハウがあったとしましょう。まあ、この世界の何処かには、一部のコネを持った人の間でのみ共有されている凄い稼ぎ方とかあるかもしれませんよ。でもね、そんなのあったとして、見ず知らずの人に教えると思いますか?

楽して、誰でも、確実に月100万円を稼げる神ノウハウがあったとして、それをたったの30万円なんていうはした金で売りますか?売るわけ無いでしょう!

稼げる情報は広がれば広がるほど参入者が増えて稼げなくなってしまうのです。だから情報販売は諸刃の剣です。情報を売って金儲けしたいけど、売れば売るほどノウハウが広まって自分が稼げなくなってしまう。だから本物のノウハウはとてつもなく高い値段で売られるのです。安く売られている情報にはそれなりの価値しかないわけです。

そもそも、自分が実際に稼いでいる虎の子の商売のノウハウを人に売る理由は何でしょうか。虎の子のノウハウを売ればライバルを増やし、結果的に自分の本業の収益を悪化させかねません。
utunet.com

精々数十万円で販売されている情報には「誰でも」「簡単に」「確実に」の内どれか、または複数が欠けているわけです

「誰でも」が欠けているノウハウ
極一部の人によっては出来るけどほとんどの人が実現することが出来ないノウハウです。例えばオフラインアフィリエイトなんていうのがありまして、ネットを使わない新世代のアフィリエイトで今まで結果が出なかった人でも稼げますみたいなレターなわけです。

で、その中身はと言うと、稼ぎ系のセミナーや異業種交流会に出向いて、そこで鴨になりそうな人に近づいて友だちになって、親しくなったタイミングで情報商材を売りつけるというものでした。

いや確かに人によってはこれ非常に稼げるでしょう。でも誰もが実行できるわけではありません。普段訪問販売の営業をやっているような人なら出来るかもしれませんが、コミュ力のない人や、良心の呵責に耐えられない人のいい人では不可能です。

ほとんどの人が稼げないわけですから、情報を売ってもライバルが増えることがないので、しっかりした内容を売っても問題ないわけです。

「簡単に」が欠けているノウハウ
稼ぐのが大変で労力の投入が必要なものです。実に健全なビジネスであるといえるでしょう。稼ぐのが大変なのはアタリマエのことです。

例えば私が取り組んでいるサイトアフィリエイトや、このブログのようなブログアフィリエイトは、典型的な大変な思いをして稼ぐビジネスです。サイトアイフリエイトで稼ぐには大変な量の労働力投入が必要です。はっきり言って楽ではありません。

しかし、しっかりしたノウハウで、しっかりと継続して取り組めば比較的再現性が高く稼げる人が多いのです。ただ、年々ライバルも増えているので、必死に記事を書いても満足な収入を得ことが出来るかどうかは実力と運次第です。バイトをしたほうが時給が高かったということにもなりかねません。

このような簡単に稼げないビジネスは、稼ぐためには労働力の大量投入が必要で、諦めてしまう人が多く市場が飽和する恐れも低いので、しっかりした内容の情報を売っても問題ないわけです。

「確実に」が欠けているノウハウ
もうこれって当たり前の話なんですね。ビジネスである以上確実に稼げるなんてことがあるわけがありません。すべてのノウハウは確実に稼げるなんていうことはないのです。

逆に確実に結果が出るノウハウがあったとしたら、それは金の卵を生む鶏なわけです。確実に門外不出になります。そんな神ノウハウが世に出回ることはありません。

だから、確実に稼げるとは謳っていないということは、ノウハウに信頼性があるということの必要条件であり十分条件ではないのです。

確実に稼げるわけではないと謳ったノウハウが優れたノウハウであるという保証にはなりませんが、確実に稼げるわけではないと謳っていないノウハウ(つまり確実に稼げますというノウハウ)は、インチキなノウハウである証拠なのです。

どうですか、これらの「誰でも」「簡単に」「確実に」が全て揃ったノウハウが安値で世の中に出回るわけがないということがよく分かります。逆にどれかが欠けていれば、十分に良いノウハウがそれなりの値段で販売されている可能性があるわけです。

まずは、こういった詐欺ワードが入っているような商材を避けることから始めましょう。ビジネスの世界は競争競争で厳しいのです。誰もが稼げるわけではありません。簡単に稼げるわけではありません。確実に稼げるわけではありません。

稼げないノウハウコレクターを脱出するためには

正しい商材を選べるようになったら、あとはじっくりそれに取り組みましょう。どんなノウハウであれ継続しないことには結果が出ません。1ヶ月やって稼げないからと次のノウハウに目移りするようでは、あなたは一生稼げません。

ノウハウによって異なりますが、例えば私が取り組んでいるサイトアフィリエイトなら、結果が出なくても2,3年は取り組み続けるべきです。サイトアフィリエイトは、多くの場合は結果が出るまでに時間がかかります。サイトを作り始めても1,2ヶ月は全くアクセスがないということは当たり前です。1年経って100記事書いてもチラホラしか人が来ないというようなケースすらあります。

ここで投げ出してしまうから多くの人が稼げないのです。ここをじっと耐えると2年くらい経ってから急激に伸びだすというケースもざらにあります。

とにかくどんなノウハウでも継続することが大事なのです。やたらに目移りしてはいけません。次々に教材を購入するなどあってはならないことなのです。

これと決めた商材ひとつに絞って、それにしばらくは取り組み続ける、これがノウハウコレクターを脱出して稼げる人になるコツなのです。

あとは、できれば教材を購入するのではなく、成功している人から直接教えを請うほうが遥かに確実だということと、やたらお金を払って教材を購入することで解決を図ろうとせずに、自分でウェブの海から必要な情報を探してきて自分の頭で考えて咀嚼するという癖をつけることくらいでしょうか。

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

関連ページ by google

マインドカテゴリの人気記事

コメントを残す